中継地点観測所

タロット鑑定を通じて、みなさんの未来の可能性について記録しています。

【2021年】おうし座の流れ

1都3県に緊急事態宣言が再発例されました。私は東京に住んでいるため改めて自衛を意識して行動しています。この3連休も家にこもって、友人と話したり自炊をしたりラジオを聴いたりと、好きなことで息抜きをしつつ生活をしていました。

2度目の宣言ということもあり前回よりも落ち着いて対処されている方も多いと思います。心の石がさらに重くなった方も少なくないと思います。人それぞれ受け止め方は違います。だけど違ったからといって誰かと示し合わせる必要はありません。

全体の流れでもお伝えしたように、人はそれぞれ固有の経験を通して形成されています。それ特性はこうした宣言下だと如実に浮かび上がってくるものだと思います。冷静な人も心が重たくなった人もそれぞれの実感を受け止めて自分自身を労ってほしいのです。

今回のエントリーはおうし座さんの2021年の流れになります。2021年 全体の流れについてと合わせてご覧ください。

 

jan-tarot.hatenablog.com

 

■大胆に動きたくなる!だけど

今年の上半期はちょっと大胆に動きたくなる感覚が芽生えそうです。特に転職や引っ越しのように環境を大きく変えたくなるようです。ただ今年は全般的に大きく環境を変えるよりも、目標にむけての準備時間をしっかり取ることが重要になってきます。じれったい気持ちになるかもしれませんが、虎視眈々と計画を立てて1つ1つ丁寧に片付けをしていくイメージでいることが必要なようです。

特に2月~6月頃までは波風を立てると対人関係での跳ね返りがあり、10月頃まで長引いてしまう可能性が出ています。衝動的な言動や行動を控えるために、人前では少しだけ演じるくらいの気持ちでいるといいと思います。

8月~10月頃は人の意見が気になったり自分自身を振り返る時間が増えるため、「現実的な落としどころはどこなのか」を意識的に考える時間が増えるようなので、理想と現実のすり合わせをする時間だと受け止めるとさまざまな発見があると思います。

■準備はあくまで準備である

11月~12月はようやく走り出すための準備体操が終わります。ひとまずお疲れ様です。どんな気持ちでしょうか、居心地のよかった場所から走り出すには少し不安はあると思いますが、できるだけワクワクを忘れないでほしいのです。1年を通した準備はあくまでスタートラインを切るためのもの、走り出したら何が起きるか分かりません。突然靴紐が切れるかもしれないし、足がつっちゃう可能性ももちろんあります。だけど、そうしたトラブルを臨機応変に対処するための準備体操をちゃんと行ってきたんだ。という強い気持ちをお守りにしてスタートラインを切ってください。

■カギとなるカード

今年のおうし座の方のカギになるカードは「女帝のカード」です。

f:id:jan_tarot:20210115001957j:plain

今年1年は準備時間が多いので我慢することも必要になってきます。だからもやもやしちゃうこともあると思います。女帝のカードが逆位置に出ているため、「周りからみるとわがままにみえてしまうような振る舞いをしているかもしれない」と自分自身を少し俯瞰で受け止めることがカギになってきます。

■カギになる月

上半期は2月と3月がカギとなります。恋愛の逆位置が出ているので理性と本能の葛藤がうまれるため、大胆に動き出したくなる芽を如実に感じる時期のようです。ここからどう状況を整理して準備を行っていくかがカギになってきます。走り出す前には入念に準備体操をしないとケガのリスクが高くなりますので感情の赴くまま動き出さないように気を付けるとよいでしょう。

下半期は7月と10月がカギになります。特に10月は正義の逆位置が出ているのでバランスを崩してしまう可能性があります。なんとか準備をして乗り切ってきたので、少し気が抜けちゃうような状態になりそうなので気を付けるといいでしょう。

 

以上が2021年、おうし座さんの鑑定結果です。

他の星座も順次更新していきますので今しばらくお待ちください。

【2021年】おひつじ座の鑑定結果

1都3県に緊急事態宣言が再発例されました。私は東京に住んでいるため改めて自衛を意識して行動しています。この3連休も家にこもって、友人と話したり自炊をしたりラジオを聴いたりと、好きなことで息抜きをしつつ生活をしていました。

2度目の宣言ということもあり前回よりも落ち着いて対処されている方も多いと思います。心の石がさらに重くなった方も少なくないと思います。人それぞれ受け止め方は違います。だけど違ったからといって誰かと示し合わせる必要はありません。

全体の流れでもお伝えしたように、人はそれぞれ固有の経験を通して形成されています。それ特性はこうした宣言下だと如実に浮かび上がってくるものだと思います。冷静な人も心が重たくなった人もそれぞれの実感を受け止めて自分自身を労ってほしいのです。

今回のエントリーはおひつじ座さんの2021年の流れになります。2021年 全体の流れについてと合わせてご覧ください。

jan-tarot.hatenablog.com

 

引き受けることとおまかせすること

全体の流れでも記載しましたが、どの星座も今年は乱高下が激しい1年になります。特におひつじ座の方は上半期にかけてそのうねりがやってくる気配が強くでています。今年の上半期に巻き起こるうねりは次のフェーズへ進むための準備期間になります。特に3月~5月頃は仕事面でもプライベート面でも自分自身の判断を委ねられる機会が多いようです。

上半期は自分で引き受けることと人におまかせすることのを整理することがポイントです。一人で乗り切れる!と今日思ったとしても、明日には状況が変わってしまう可能性があるため、「ちょっと余裕がある」くらいの配分で対応するほうがいいです。

下半期から来年にかけて徐々に答え合わせのような出来事が増えてくるため、「ちょっと余裕がある」くらいの状態で人を巻き込んでいけると、下半期うまく乗りこなすことができます。人にお願いすることが苦手な人もいると思いますが、いつもより少しだけチャレンジしてみる価値がある時期となります。

 

 

■自分自身のケアを心掛けよう

上半期に起こる出来事に対処することで疲弊してしまう人もいるかもしれません。そこで、まずは自分自身のケアを心掛けるとよいでしょう。特にルーティン化しやすいものを生活に組み込むことでオン/オフの切り替えがしやすくなるため意識してみるといいでしょう。

ルーティン化ってハードルが高く感じる方もいるかもしれませんが、そこまで難しく考える必要はありません。今やっている行動に一つエッセンスを足す程度でいいのです。例えば美容液をちょっといいものにするとか、ひと駅歩いてみるとか、日常に少し違う風を吹き込んでみましょう。

自分自身をケアするっていうのは「鎧を脱ぐ」ということだと思います。その時間、その瞬間、自分自身に戻っていく感覚を大切にして労わってあげることが今後を乗り切るポイントです。

 

■カギとなるカード

今年のおひつじ座の方のカギになるカードは「戦車のカード」です。

f:id:jan_tarot:20210112192902j:plain

問題解決能力が高く先頭に立って進んでいくことができます。ただ、勢いまかせで進んでしまうと、下半期9月~11月ごろにかけて蓄積された疲労がどっと出てくる可能性があります。上記でも書いた通り、日常的に自分自身のケアを怠らないほうがいいでしょう。

 

■カギになる月

上半期は3月と6月がカギとなります。3月は審判のカードが出ています。ひらめきや直観が強く現れるタイミングとなります。振る舞いや言動に変化がでてくる可能性があるためコミュニケーションに注意を行うといいでしょう。ちょっと覚悟の必要な時間になりそうで、判断を迫られる機会があるようです。下半期にもいえることですが、信頼できる人に相談をして三者の意見を参考に判断をするといいでしょう。

6月はご家庭のトラブルなど人間関係などのいざこざが発生しそうです。相手から本意ではない解釈をされて誤解されてしまったり、思ったような成果にたどり着けなかったりするタイミングなので、少し慎重に対応するといいでしょう。

 

下半期は10~12月の3か月がカギとなります。上半期で準備したことが下半期10月~12月ごろに影響を与えます。特に11月は節制のカードが出ているため、上半期でどのような準備を行ったかが如実に反映される時期となるでしょう。上半期で人をうまく巻き込めた人もそうでない人も、相談や助言を仰ぐことを意識するといいでしょう。一人で考えこんでしまうよりも、違う意見を聞くことで複合的に考えることができるようになります。

 

以上が2021年、おひつじ座さんの鑑定結果です。

他の星座も順次更新していきますので今しばらくお待ちください。

 

【タロット鑑定】2021年 全体の流れについて

突然立ち上がった自己紹介もないブログをご覧くださりありがとうございます。私がブログを書いているのは、12/23。そう、グレートコンジャンクションの次の日!

「200年に一度の大転換期…」「土の時代から風の時代に…」などなどTwitterのトレンドにも入っていたりして、ご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

占星術では200年に1度のペースで火→地→風→水とエレメントがかわる大転換(グレートミューテーション)が起こると言われています。12/22、20年に1度訪れるグレートコンジャンクションが契機となり、地の時代から風の時代へ移行するとのこと。

地のエレメントは所有、例えば貨幣や土地、地位や名誉などを象徴しています。新しい風の時代は情報やコミュニケーション、個人、多様性などを象徴していると言われています。ざっくりまとめると今までの価値観がガラッと変わるような転換期ということです。

私はタロットカードで鑑定を行うため占星術の専門家ではありませんが、2021年を鑑定していると不思議なことに共通する部分がいくつもでてきました。例えば悪魔のカードは物質的価値に固執している状態を表しています。そのカードの次にワンドの2がでてきており、過去を振り返ってみるとヒントがあるかもよ?と表れていました。それは新しい価値観に触れたとき冷静な判断をしよう。と、促しているようにもみえます。

こういうとき、人は「怖い」と思うのか「おもしろい」と思うのか…私は圧倒的に後者なもので、だったらせっかくだしブログにでも書き残しておこう。というのがこのブログを立ち上げる大きなきっかけとなりました。

前置きが長くなりましたが、2021年風の時代1年目の1日目。時代の中継地点より12星座のタロット鑑定を通して観測結果を書き記します。

 

■価値観の転換

土の時代から風の時代への移行は、物質的価値から精神的価値へシフトすると言われています。12星座をもとにタロット鑑定を行った結果からは、今までのあり方を見直す機会が必要だと示唆するものが多数でてきました。

それは、2020年という特殊な時間を過ごした中で見つけたものや手放したものを改めて問い直し、自分自身をアップデートする必要があるということだと考えます。

すでに気付いて走っている人もいますし、真正面から受け止められず準備体操中の人もいます。これは競争ではないので、それぞれの速度で判断していくことが重要です。

シンプルなようで難しいこの問いはすぐに答えがでるわけではないと思います。なので年末年始は少しでも自分と対話をしてみることをオススメします。

ここでまた自己紹介がてら私の話。

 

私は映画が好きでよくみます。特に邦画が好きです。では、なぜ邦画が好きなのか。

それは映画が社会を映すからです。さまざまな社会の一面を切り取る映画という装置で、今、日本監督は何を切り取り発表するのか関心があるから邦画をみています。

 

こんな小学生のような文章が例になるかは分かりませんが、すごくシンプルに整理したときにおのずと立ち上がってくるものがすごく重要なんじゃないかと思います。2021年、もし暴風が吹き荒れたとしても転ばぬ先の杖に早変わりするのって、もうみんな持ち合わせていたりするんじゃないかなぁ。

 

■物わかりのいいフリはやめませんか

おかれている境遇はさまざまですが、2020年は今までのあり方を強制的に問い直させられるような出来事が頻発しました。疲れましたよね、私も疲れました。それは、自発的ではなく偶発的な内省時間を過ごしたからなのかな?と私自身は感じました。

今まで流すことで均等を保っていた物事が転覆したような感覚、突然強烈な波に巻き込まれ船酔いしちゃってるような状態が今だと感じます。なので、それぞれが自分の船を構造から見直していく作業が重要になってきます。それが今後の船酔いを軽減してくれます。

そのためには2つキーワードとして立ち上がってきます。

「ん?」と「なんで?」です。

日々生活を送っていると「ん?」となる場面に直面することがあります。それはあなた自身の倫理観に基づく疑問かもしれないし、もっと大きな構造的な疑問かもしれません。そういう疑問を1つ1つクリアにしていくことって非常に疲れます。休みながらゆーっくりでいいので、「ん?」から「なんで?」にシフトして探求すると発見があるのではないでしょうか。

 

ここで私がなぜ今「ブログ」なのかを例に説明します。

鑑定結果を打ち出すにあたって、はじめはYouTubeでやろうかな?と考えました。声や映像を出すことで対面鑑定のような安心感があるのではないかと考えたからです。しかしここで「ん?」とひっかかりがありました。それは対面占いのやり方を違うプラットフォームでなぞるだけなのではないかという疑問が浮かんだのです。

私が提案したいことってそういうことだっけ?ともやもや~っとしました。

そこで、そのもやもやに「なんで?」と投げかけてみました。

せっかく新しいことをするのに「なんで」今までのようなやり方を模倣しようとするのか。それは新しい時代について記録するのに最適なのか…。そもそもゆーちゅー

 

もちろん疲れたら休みましょう。無理して進めることではなく自分自身の速度で大丈夫。あまり振り回されないように余力のあるときに意識するだけで変わっていきます。

 

■みんなちょっとずつ変な人

人はそれぞれ固有の経験を通して形成されています。その経験からくる言葉はどれだけ平易な言葉だとしても魅力的で興味深いものだと感じます。その固有の経験を通して感じることは共感を呼ぶことがあったとしても一般化されるものではない、固有の財産です。しかし、日常的に「普通は~」と一般化し会話をするケースって身に覚えはないでしょうか。これからはこの「普通」がどんどんなくなっていくように感じます。

風の時代、コミュニケーションがキーワードになると同時に多様性も大切なキーワードとなっていきます。なので、その「普通は」を「私は」に置き換えることでコミュニケーションの形に変化が生まれてくると感じています。

お互いを尊重しあいながら進めた会話の先に新たな一面が登場し、新しい関係性を育んでいけるきっかけになっていきます。なので固定概念は一度はずして共感より交換を優先した会話をしていきましょう。

 

■立ち止まっても、それでも続いていく

2021年12星座の鑑定を並べたとき一番共通していたのは乱高下の激しさでした。そりゃ当然ですよね、時間は一定速度で前に進んでいるだけなので突然すべてが元通りになったり、次のフェーズに移行することはありません。今のような未曾有の状態は怪我が化膿しちゃったような状態なのでどうしても時間がかかってしまいます。だからゆっくりで大丈夫です、自分のペースを守りながらやっていきましょう。

とはいえ、そうもいえない職業の方々が世の中にはたくさんいらっしゃいます。本当に頭が下がる思いです。だからこそ、できる人から自分自身のケアに取り組んでほしい。体調悪くなる前に休んじゃうくらいの気持ちで過ごしてほしいと思っています。

誰かの犠牲のもとでなんとか成立している世界は、いわば縦軸の世界です。それがどんどん横軸の世界に移行していくような印象があります。このエントリーで書いたトピックスはどれもその横軸転換への契機につながるのではないかと思います。

 

年内には各12星座別の鑑定結果を更新していきたいと思っています。そこではもう少し具体的な鑑定結果になっていきますのでお待ちいただけると幸いです。